スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「盤獄の一生」

時代劇ファンの私が今よく見ているのがBSの「盤獄の一生」です。
役所広司さん主演の現代風の時代劇なんですが、音楽が谷川賢作さんです。
シンセを使った現代的な時代劇音楽でドラマの音楽としてはいんではないかと思えます。
谷川さんといえば35年位前にビジョンというバンドで吉祥寺の「曼荼羅」とかで何度か見ましたが、
音楽は繊細なフュージョンなのに谷川さんのルックスはジャガイモみたいなルックスで
そのギャップに驚いたというか、微笑ましいというか、笑えたというか、
そういう記憶があります。
今は、谷川さんはNHKの日本紀行か何かの音楽もやっていましたが、
やはり画像にマッチしてるというか、彼はそういった方面に才能が開花したんですね。
私としては、ジャガイモみたいなルックスを知っているから、
なんとなく違和感を感じなくはないんですが、
彼のルックスを知らなければ映像の音楽家としては最高ではないかと思えます。
スポンサーサイト

So what こぼれ話

160912_1956~01

富士夫ちゃんの「So What」のボツ原稿が最近出版されました。
マネージャーだった粕谷さんの手のよってこぼれ話として出版されたらしいです。
最近、Tear Dropsの未発表音源などもたくさん発売されています。
これらのことを金儲けとか非難している人もいますが、私は違うと思います。
これらのものが世に出され続けている限り、
富士夫ちゃん、亡くなった感じしないからです。
まあ、もともと富士夫ちゃん,知っている人にとっては、
未だに亡くなったという実感はないんですけどね。
何か、そこらあたり彷徨っているというか、漂っている感じがします。
それだけにいろんな物が出される度に富士夫ちゃん、生きている実感がします。
残っている音源は限りがあると思うのですが、
出版物はまだいろんなことが出来ると思うので、
まだまだ続けて欲しいと思っています。

サザンビーチ

160831_1733~02 (1)
サザンビーチ茅ヶ崎です。
今はSOUTHERN BEACHですけど、以前は134号線の信号には
SAZAN BEACHと明記されていたのです。
私はその頃のサザンビーチの方がださくて好きだったんですけどね。
ほんとはサザンビーチと命名される前のただの茅ヶ崎海水浴場がもっと好きでした。
もともと茅ヶ崎は鎌倉、逗子、江ノ島と違い何も無い所で、
海岸には白十字という喫茶店、デニーズ、フィッシュセンターしかなく、
今みたいにモニュメントやおしゃれな店、結婚式場もない、ただの浜でした。
駅から海水浴場まで行く道も今みたいにおしゃれなサーフショップやコンビにもなく、
地元のおにいちゃんが古い民家でやっているサーフショップぐらいでした。
何も無いのが茅ヶ崎海水浴場、
海水浴やって帰るときも帰りにラーメン食べるしかないという、茅ヶ崎での海水浴。
またそういう海水浴やってみたいものです。

2016年8月31日

160831_1731~01
今日31日は茅ヶ崎の海で宴会です。
ここ茅ヶ崎は40年位前、東京の三多摩地区に住んでた頃、
よく来た海です。
相模線に揺られて片道2時間くらいかかったのかな?
その時よくお世話になったのが茅ヶ崎海岸の一番奥にあった海の家、龍宮です。
今はh.n.seaとかいう名の海の家に変わりましたけど・・・。
モダンな名前の海の家が出始めた頃、龍宮という名前が気に入って、よくお世話になりました。
当時、まだ高校生くらいの女の子が海の家手伝っていたんですが、
今も思い出すのが、その子の日焼けです。
真っ黒に日焼けしていて、ビーサンの後だけ真っ白で、
そこがやたら健康的に映ったのを覚えています。
なだまだ昭和の湘南だったんです。
今みたいなサザンビーチ茅ヶ崎とか言われる前の、
湘南というより相模と言った方が似合っていた茅ヶ崎でした。

リオ デ ジャネイロ

ブラジルのリオデジャネイロ・オリンピックが終わりました。
ブラジルにとってよかったのか悪かったのかよくわかりませんが・・・・。
リオには30年位前に一度行ったことがあります。
1月だったと思いますが、ブラジルでは夏だったと思います。
コパ カナーナ ビーチでしたっけ、リオのビーチ?
やたら大きいビーチで、そこでロックコンサートあったのを覚えています。
まだオーロラビジョンとかない時代です。
数万人が集まってエンジョイしていました。
かってはローリングストーンズがこのビーチでコンサートやった時は
15万人集まったらしいです。
オーロラビジョンとか他の映像が無い時代、生の実物の出演者しか見えない時代、
数万人の人が集まるなんて、それも30年前、それがブラジルなんですね。
ただ当時の日本のロックからすると10年くらい遅れたロックサウンドでしたけど、
それがやたら懐かしくて、10代の頃通った、日比谷の野音と同じような雰囲気でした。
ビーチから見える山の手の方にはたくさんのスラム街があったのですが、
今もあるのかな?
そのリオでオリンピック、なんかうれしいようななんとも言えないような変な気分でした。
プロフィール

ひのみどり(男です)

Author:ひのみどり(男です)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
プロフィール

ひのみどり(男です)

Author:ひのみどり(男です)
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。