スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三島由紀夫 2    金閣寺

 三島といったら「金閣寺」ですね!
私はちょうど18歳の多感な頃、金閣寺は読んだので深く感じました。
一気に読んだんですが読み終えた後の疲労感が凄い事、凄い事・・・。
もう、ガクッときて1週間ほどボーッとしてました。
それほど凄い作品だと思いました。
 その当時思ったのは日本の文学の深さです。
当時、三島、太宰、安吾、は全て読みましたが、そのうえ思ったのが
日本文学の深さです。
世界中の中でもっとも深みのある文学は日本だと思います。
一応、私はロシア文学からサルトル、キルケゴールまで読みましたが、
深さにおいては日本文学の比ではありませんね!
確かにロシア文学などは壮大な感じはしますが、
心を深く掘り下げたという面では日本文学が最高だと今でも思っています。
スポンサーサイト

三島由紀夫 1     憂国忌

 昨日は三島由紀夫の命日でした。
テレビで特集とかやってましたね!
もうあれから40年経ったんですか・・・。早いですね。
私がまだ中学生の頃でした。市谷の自衛隊で切腹したのは。
当時は大変ショッキングで話題になりましたし、
確か週刊誌にその現場が掲載されて驚いたのを覚えています。

 私は三島由紀夫の本は全て読みました。
が、あの切腹はわからないんですね!
最後の作品は豊穣の海ですがあの切腹と関係あると思えませんし・・・。
何故三島が楯の会を作ったかもわかりませんし・・・。
私みたいな凡人には天才のことはわかりません。
でも偉大な作家であることは間違いないと思います。

プロフィール

ひのみどり(男です)

Author:ひのみどり(男です)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
プロフィール

ひのみどり(男です)

Author:ひのみどり(男です)
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。