スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界のカンチョー

タイガースのレコードと言えば吉田くん、吉田くんといえばカンチョー、
という私の思い出ですが、カンチョーは世界中にあると思います。
アメリカでは子供達が、「Spank Baby」と言ってカンチョーしています。
Spankとは懲らしめるといった意味ですが、もともとは懲らしめのための行為で
カンチョーは始まったんでしょうか?
フィリピンでもカンチョーはありました。
カチブーンと言って子供達が日本のカンチョーやっていました。
フィリピンでは女の子が男の子にカンチョーするんです。
それもチカラ一杯!
それで男の子は女の子からカンチょーされて泣いているのをよく見ました。
なんとも恐いカンチョーでした。
でも子供のやること、どの国に行っても同じなんですね!
スポンサーサイト

ジョーイ・スミス

110610_2154~01
今日も昨日と同じフィリピンの奥様のお宅で仕事です。
フィリピン人バンドで最も日本で成功したのがスーナーズなら、
フィリピン人、個人のミュージシャンで成功したのがジョーイ・スミスではないんでしょうか?
でも今日の仕事先の奥様に聞いても全く知らないと言ってました。
そりゃそうでしょう、時代も違いますし、それも日本だけの出来事でしょうから。
ジョーイスミスは歌も歌ってたんですが、今聞くと歌もドラムも今一です。
あまりいいリズムともいえません。
彼は、陳信輝のスピードクルーアンドシンキにいたんですがこれがその時のレコードです。
このレコードジャケットも私非常に気にいっています。
内容はこの時代の日本としてはレコード会社としてはかなりの冒険というか、
斬新な音楽です。この時代のよくこんなレコード出しましたね!
今、これをレコードとしてもっている人なんかほとんどいないんでしょうけど・・・。

スーナーズ  GOGOクラブ

今日のお客様の奥様はフィリピンの方でした。
フィリピンといえば、今に人はフィリピンクラブのイメージがあるんでしょうが、
私達の世代はGOGOクラブのフィリピンバンドです。
昔は日本人よりフィリピン人のほうがリズムがいいとかでたくさんいたものです。
今聞くとたいしたことないんですけどね!
当時フィリピンバンドで日本で一番売れたのがスーナーズだったかなあ?
加山雄三とかと一緒に演奏したような記憶もあります。さだかではありませんが・・・。
レコードも出していて、確か私も買った記憶があります。
オリジナルはなくカバー中心のレコードだったと思います。
探せばまだ家にあるはずです。
今度また聞きながら踊ってみたいと思いますが、娘に笑われるでしょうね!
プロフィール

ひのみどり(男です)

Author:ひのみどり(男です)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
プロフィール

ひのみどり(男です)

Author:ひのみどり(男です)
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。