スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「花のサンフランシスコ」「カリフォルニアの青い空」  2

歌に限らず60年代のアメリカは遠い所に対して夢を抱くような時代でした。
ニューシネマ時代の映画、「明日に向かって撃て」はラストはボリビアに行こうとして、
「真夜中のカウボーイ」ではマイアミに行こうとして、どちらも死んじゃうんですけど。
当時のアメリカは逃避的な意味とは違い、ここはだめでも、他の地なら自分に合うかもしれない、
何かいいことがあるかもしれない、そう思いたがっていた時代です。
確かに、人間、今生きている所が自分に合わないことってあると思うんです。
それで他の場所に行きたがる、それを日本人はよく逃避と言うのですが、
それは日本が多分、島国だからだと私個人は思います。
日本人はここでダメなら他でもダメと思う人が多くて無理しちゃう人が多いんじゃないかな?
そういったことが子供の自殺にも繋がる部分があるかもしれませんし・・・。
ここ数日、「花のサンフランシスコ」や「カリフォルニアの青い空」を聞いてて、
60年代のアメリカみたいに今居る場所が嫌でも、どこか他の場所にロマンを感じて生きる、
そういうことがなんとなくなく懐かしくなりました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ひのみどり(男です)

Author:ひのみどり(男です)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
プロフィール

ひのみどり(男です)

Author:ひのみどり(男です)
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。