スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

60年代の生ギターロック

60年代には生ギターのロックバンドが幾つかありました。
頭脳警察、RCサクセション、ロック・キャンディーズなどです。
生ギター使ってるんですけど、彼らの音はフォークではありません。
ロックでした。
当時、マスコミではエレキがロック、アコースティックがフォークと
言われてましたが、彼らの精神はロックでした。
私達は単純にエレキやアンプ買うお金ないからこの人達は、
生ギターでロックやってるんだろうなと思ってましたから・・・・。
頭脳警察、RCサクセションはその後エレキ化していくので理解できるのですが、
ロック・キャンディーズはその後アリスとなってフォークの王道(?)を歩み、
今では演歌歌うヒゲのおじさんになった訳です。
まあこの変化は資本主義の世の中だからの変化でしょうね!
ロック・キャンディーズ、昔はよかったですよ!
ウッド・ベースの人が棒切れでベースを弾くというか、叩いて、
「motherless Child」や「Summer Time」をやってましたから・・・。
それが今では演歌のおじさんになるなんて、当時は想像できませんでした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ひのみどり(男です)

Author:ひのみどり(男です)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
プロフィール

ひのみどり(男です)

Author:ひのみどり(男です)
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。