スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阿部薫 2

阿部薫は亡くなってからたくさんCDが発売されたり、
よく語られたりしています。
しかし最近になって阿部薫を語っている人たちは、
生前の阿部薫、生で聞いたことあるんでしょうか?
私は初台の騒、荻窪のグッドマンで聞いた時なんか、
客はほとんどいませんでした。
荻窪のグッドマンなんか狭くて細長い店に、
客は最初2人で一時、私一人になったときがありました。
なんか私がここに居ていのかどうか悩んじゃいましたけど・・・。
それでも阿部薫は自分の世界に入り込んでサックス吹いてました。
それが亡くなってからいろんな所で語られるなんて、なんか訳わからんです。
you tubeでなんか五木寛之なんかが阿部薫を語ってましたけど、
私は内容なんか聞く気もしません。
五木寛之と阿部薫、全く関連がわかりません。
確かに、フリージャズは頭でっかちの人たちが語りやすい分野です。
偉そうなこといいやすいんでしょうね!フリージャズに対しては・・・・。
昔、太宰治に対して、「太宰は好きだが太宰ファンは嫌いだ」
という言葉がありましたが、
私は「阿部薫は好きだが、生のライブを見てもないのに阿部薫を語る奴は嫌いです」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ノイズの帝王になる前に

 後追いなので、現場にいないので、言われることに説得力があります。
 阿部さんの本に、近藤等則さん、灰野敬二さんメッセージ書いていました。いちおう共演した人なので。実は灰野さんの音源持っていても聞く機会が少ないのです。 大雨のなかにいる気分。 と思いながら 音楽は、やはり音なのかと思わせてくれる。モノ書きには。物思いにふけるのにいいにかも?

阿部薫、ロスト・アラーフ、裸のラリーズ

阿部薫、ロスト・アラーフ、裸のラリーズ、これらの音楽は当時の生のライブでしか伝わらないものがあると思います。
当時の時代背景、音響システム、音楽状況それらを考えないと理解は難しいと思います。今このデジタルに時代に突然聞かれても、雑音に感じやすいと思います。
私も彼らのCDを現在聞いてもあまり感じませんが、
当時の状況を思い出しながら聞くと感慨深いものがあります。
それに当時持っていた熱さが蘇る時があります。

ノイズミュージックの入口にて

 生の演奏を聴かれた方にしかわからない世界でしょう。
 吉野大作大先生はどうですか、1980年ごろ、高橋ヨーカイさんがいたころみていらっしゃるのでは?
 「裸のラリーズ」は現在聴いていても心地よいです。

No title

吉野さん、ヨーカイさんが居た頃見てます。
ヨーカイさん、今でも頑張ってますね!
ラリーズだけは生と録音はあまりに差があります。
生だと会場自体が一種異様な雰囲気です。
観客のほとんどが黒い格好でサングラス、ミラーボール、
そしてあのサウンド。
一つの宗教みたいでした。

大作さんと内海さん

 あまり、関係のない話題を失礼します。
 http://www.youtube.com/watch?v=_8M_F1G6iCE
 実は、内海利勝さんと吉野大作さんが初めてラジオを話をされたようです。是非ご覧ください。
 内海さんのお知り合いと活動されていたことがわかったようです。
 同世代不思議な出会いを見守りました。

なるほど

 お話をきけばきくほど、70年代前半を関東で、10代前半でいいから過ごすことができたらきっとイメージだけでなく言われることがわかるんだろうーと思います。
 なんだか貴重な話なので、コピーします(笑)。
 では。

nさんへ

大作さんも内海さんも横浜ですよね!
この世界とても狭い世界です。
同世代の音楽家はほとんどどこかで繋がっています。

ラリーズだけはライブが一つの特殊な空間でした。
あの特殊な空間だけはあの時代のラリーズだけでした。
ラリーズはcd持ってますけど、聞きたいとはあまり思いませんが、
でももう一度あの空間に行きたいとは思っています。
ラリーズ、ライブやって欲しいです。
またサングラスに黒い格好で行きたいです。
プロフィール

ひのみどり(男です)

Author:ひのみどり(男です)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
プロフィール

ひのみどり(男です)

Author:ひのみどり(男です)
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。