スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いじめによる自殺の訴訟

今日はいじめによる自殺の裁判を調べてみました。
ほとんど自殺した親が訴訟を起こしているのですが、ほとんど訴えは退けられています。
これはいじめられ損という訳ですか?
その判決内容はほとんどが「いじめによる自殺とは認め難い」とか
「いじめていた証拠がない」とかです。
裁判官なんて過去の例にしたがって判決を下すだけですから
所詮同じ判決になるんでしょうけど・・・。
確かにいじめとはいじめている子供といじめられている子供だけで
成立するものではありません。
当事者だけではなくただ指をくわえて見ていた傍観者、
知らぬ不利をしていた者など、
その場に居たすべての人たちすべてで成立するものです。
ですからいじめていた当事者だけ罰することが難しいのかもしれませんが、
でも子供を死に追い込むなんてことをやって無罪なんて、親はたまりません。
それにこういった訴訟に対するツイッターなどの書き込みは
すべて裁判官に対する非難ばかりです。
裁判の判決は民意にそぐわないということでしょう。
政治家の人たちも9条、9条とばかり言わないで
こういった法律も早く法律改正して欲しいものです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ひのみどり(男です)

Author:ひのみどり(男です)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
プロフィール

ひのみどり(男です)

Author:ひのみどり(男です)
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。