スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

永山則夫 聞こえなかった言葉

131029_1919~01
この「永山則夫 聞こえなかった言葉」は家庭裁判所調査官、薬師寺幸ニさんが書いた本です。
実に面白い分析をしています。
この手の本は精神科医が書いている場合が多いのですが、
彼は早稲田大学教育学部を出た家庭裁判所調査官です。
つまり彼は文系の人間なんですね!
精神科医はどちらかといえば理系の人間です。
理系の人がやる精神分析と違って、薬師寺さんは違った角度から永山さんを分析しています。
永山さんが書いた小説を元に分析しています。
実に面白い分析の仕方です。
理系の数式的な分析ではなく、文系の方の心理分析です。
私、永山さんが書いた小説はすべて読んでいますが、改めてまた読み返したくなりました。
今でも永山さん関連の本は新しく出版されます。
確かに犯罪者といえば、犯罪者なんですが、
個人的には私は、永山さんは単なる一犯罪者だけでなく、日本の一時代の中の一つの不幸が作り出した
犯罪者だと思います。
それも、こんなこと言っちゃいけないんでしょうが、普通の人の感情を持った犯罪者だと思います。
これだけ永山さんの死後も永山さん関連の書籍が出版されるということは、
やはり、日本の歴史の中で忘れてはいけないことなんでしょうね!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ひのみどり(男です)

Author:ひのみどり(男です)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
プロフィール

ひのみどり(男です)

Author:ひのみどり(男です)
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。